HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトイノベーション  »  イノベーション③~起業家精神~
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 イノベーションを促進するためには何が必要なのか?一つの方法として、起業家を増やすことがある。

 既存の大企業によるイノベーションだけでは経済的に行き詰まることになる。なぜなら、革新的な製品やサービスを世の中に送り出すことは大きなリスクがあり、大企業ではそのリスクを取らない。また、昔の成功体験が枷となり、新規事業にチャレンジしないといったようなこともある。
 
 現に日本経済における大企業は、経済成長を促進するようなイノベーションを達成できてない。それゆえ、日本経済は停滞している。戦後の日本では今の日本経済を牽引するベンチャー企業が育っていた。ソニーも、ホンダも初めはベンチャー企業であった。しかし、21世紀に入ってから日本経済を代表するようなベンチャー企業はほとんどでていない。日本には科学技術の力はあるはずなのに、それをビジネスに生かせないことは残念なことである。

 どうすれば、起業家精神が根付くのか?方法は二つある。一つは、科学技術を大学から産業界に移転することである。大学には知識があるが、起業を望む人は少ない。一方で、企業家は起業を望むが、科学技術の知識がない。それゆえ、起業家と大学の間のコミュニケーションを密にする必要がある。二つ目は金融システムである。リスクを取る投資家がいなければ、実績のないベンチャー企業に資金が投入されない。これに対する政策として、未公開株への投資を促進し、機関投資家が彼らの投資戦略においてリスク回避的な行動を取ることを回避する政策が必要である。例えば、Gompers and Lerner(1998)によると、1970年代後半にアメリカで”pludent man rule"が緩和され、それが1990年代のアメリカのベンチャーキャピタルの急速な成長につながったと、彼らは分析している。

※pludent man rule・・・各々の職務に応じて専門家としての能力を生かし、思慮深い投資行動をとらなければならないという規定


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
企業①~楽天~
NEW Topics
「成功者だけが知る、8つの秘密!」
発展途上国における視力低下の問題
音波が創りだすアート―サイマティックス―
生活習慣の改善で遺伝子は良くなる?
使える数学を身につけよう
見方を変えれば世界が変わる?
グロバリーゼーションの影
グロバリーゼーションの光
ビジネス界でクリエイティブな人TOP10
マシュマロ・チャレンジ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
『プロフィール』

Taguchi

Author:Taguchi
「横国生のブログ~無学三十六計~」に訪れて頂きましてありがとうございます。

Taguと申しまして、横浜国立大学に通っていて、経済や経営を勉強しています。横国は駅から遠いので通うのが大変です。横国について、何か質問がありましたら、メール下さい。勉強以外なら答えられます。

当ブログは「知的好奇心のインスパイア」

を目的として、ブログを書いております。



WordPress板はこちらMugaku36

tumblr→http://mugaku36.tumblr.com/

ご意見などはこちらまで↓
mugaku36@gmail.com



☆コメント大歓迎です☆

 当ブログはリンクフリーです。また相互リンクも大募集中です。相互リンク希望の方はメールかブログの記事にコメント下さい。

『My books』
詳しくはこちらをクリック→ ブクログ
『応援ありがとうございます!!』
人気ブログランキングへ にほんブログ村 経営ブログへ
『カレンダー』
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
『Twitter』
『あしあと』

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。