FC2ブログ
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト英語  »  英語2~Strength amid paralysis~
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 すいません。風邪を引いてて二日間ほどブログ更新できませんでした。僕は温度変化に弱いので急に熱くなったり、寒くなったりすると風邪を引きやすいです。みなさんも気をつけてくださいね。

 今日もエコノミストからです。※適当な訳ですので、まちがってたらゴメンなさい。正確に知りたい方は元記事に飛びますので、エコノミストの単語をクリックして下さい。

 停滞の中でこそ強みは発見できるとして、不況の中でも活躍している企業を紹介している。なぜか、ダンベルトレーニングをする元気なおじいちゃん、おばあちゃんの写真が載っている。まだまだパワーがあるので、高齢者を活用しないと駄目だよってことだろうか?


↓更新情報がわかりますので、フォローお願いします。
Twitter:tagu13



TWO decades ago Japan accounted for 14% of the global economy. It is now worth just 8%. In 1988 eight of the top ten companies by value, and eight of the top ten banks, were Japanese; today none makes either list. Once the powerhouse of the world economy, Japan is now in genteel decline. By many indicators, the country is in the doldrums: its population is shrinking, economic growth has long been stagnant, property values and share prices have tumbled for years.
 20年前、日本はグローバル経済の14%を占めていた。現在、その割合は8%である。1988年、上位10社の時価総額のうち、8社が日本企業であった。さらに、銀行の上位10行のうち8行が日本の銀行であった。現在、どちらもランキングのトップ10に、日本企業は載っていない。世界経済のエンジンとなった後、今や日本は下り坂を降りている。様々な指標によって、今やこの国は意気消沈している。人口減少、鈍化した経済成長の伸び率、財産価値と株式総額の減少などが日本経済の停滞を示している。

 ちなみに、2009年度の世界時価総額ランキング上位10の企業は以下である。
1.ペトロチャイナ 40.11兆円
2.エクソンモービル 32.70兆円
3.チャイナモバイル 20.05兆円
4.マイクロソフト 19.92兆円
5.ウォルマート・ストアーズ 18.50兆円
6.中国石油化工シノペック 17.38兆円
7.BHPビリトン 16.74兆円
8.ジョンソン&ジョンソン 15.99兆円
9.P&G 15.40兆円
10ロイヤル・ダッチ・シェル 15.23兆円

ちなみに日本企業の最高位はトヨタ自動車(22位、12.51兆円)である。100位内には5社しかいない。ちなみにアメリカは100位内に41社、中国は意外に少なく6社である。 



The grim national picture has provoked the government to unveil an exhaustive growth strategy. Yet amid the overall decline there are hidden growth markets. Companies that have targeted these niches are prospering nicely.
Consider the biggest long-term worry: demography. Japan’s population is expected to fall from 127m today to 124m by 2020 and 100m in 2050. The country is ageing, which means fewer workers and less production. But the shrinkage is not uniform. As rural areas empty, the population of Tokyo is expanding by about 1% a year. And, of course, there are more old people. The government reckons the number of over-65s in the greater Tokyo area will increase by 45% between 2005 and 2015.
Firms that service these groups will have a growing market. Benesse, Watami and others are opening scores of new nursing homes this year―“turning silver into gold”, as Japanese businessmen quip. Watami has an expanding meal-delivery service for the elderly and aims to turn over \50 billion (around $550m) by 2013.

 厳しい国の経済状態は徹底的な成長戦略を明らかにするように政府を促している。しかし、全体的な減少の中で、日本にはまだ成長市場が隠されている。これらのニッチ市場をターゲットにした企業は順調な繁栄が約束される。
 日本の人口は現在、1億2700万人である。2020年には1億2400万人に、2050年には1億人に減少することが予想される。日本はまさしく高齢化している。これは、労働者の減少と生産性の低下を意味する。しかし、均一に収縮しているわけではない。農村部は空洞化しているが、東京の人口は約1%の割合で増加している。もちろん、高齢者は多くいる。65歳以上の人口は、東京で2005~2015年の間に45%増加する。これらの顧客にサービスする企業は成長市場に位置することになる。ベネッセやワタミなどは今年新しい老人ホームのオープニングを見る。ワタミは高齢者向けの食事宅配サービスを拡張して、2013年までに500億円の売上高を目指す。



Another promising niche is buried within pharmaceuticals. Overall drug sales eke out 3% growth annually―not too impressive in an ageing country. But sales of generic drugs are surging three times faster. The government is encouraging their use to bring down costs, fuelling demand. Generics make up only 20% of Japan’s $80 billion-a-year drug market by volume, compared with more than 60% in America and Britain, so there is plenty of room to grow. Firms like Nichi-Iko, Towa and Sawai have benefited, as have non-Japanese makers like Sandoz and Impax.
 もう一つの有望なニッチ市場は医薬品市場である。総合薬販売は毎年3%成長している。この出来事は高齢化する国であまりない印象的な出来事である。しかし、ジェネリック医薬品の売上高では3倍近く急上昇している。政府は医療のコストを下げるため、ジェネリック医薬品の使用を促進している。ジェネリック医薬品の市場は、アメリカとイギリスの60%以上と比較して、日本において800億円の製薬市場の20%を占めている。そのため成長の余地が多くある。



The overall pessimism of Japanese bosses is understandable. But some firms have found fortune even in a declining economy. Look hard enough, and you’ll see a surprising number of opportunities amid the gloom.
 最後にこの記事は以下のように締めくくる。「日本に対する悲観論は理解できる。しかし、一部の企業は落ち込む経済状況の中でさえ、富を見つけた。注意深く見てください、そうすれば、暗闇の中でも驚くほど多くの機会が見つかるだろう。」

 日本の将来を嘆くことをすることは簡単だ。しかし、ただただ悲観論ばかり述べていても何も変わらない。今は右を見ても左を見てもそこら中にチャンスが広がっている時代ではない。そのため、我々は少ない機会を見逃さず、それをビジネスチャンスに変えるように出来なければならないだろう。それはまさに起業家精神を持つことである。


↓応援クリックお願いします

社会科学ランキング1位

人気ブログランキングへ

↓ご意見などはこちらまでお願いします。
mugaku36@gmail.com

↓更新情報がわかりますので、フォローお願いします。
Twitter:tagu13



関連記事
スポンサーサイト
Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
アクセスカウンター1000突破
NEW Topics
「成功者だけが知る、8つの秘密!」
発展途上国における視力低下の問題
音波が創りだすアート―サイマティックス―
生活習慣の改善で遺伝子は良くなる?
使える数学を身につけよう
見方を変えれば世界が変わる?
グロバリーゼーションの影
グロバリーゼーションの光
ビジネス界でクリエイティブな人TOP10
マシュマロ・チャレンジ
Comment
15
No title
訪問ありがとうございました。

ついったーの楽しみが分からないんですけど←

16
Re: No title
こちらこそコメントありがとうございます!

僕もTwitterの使い方はあまりよくわかっていません。

> 訪問ありがとうございました。
>
> ついったーの楽しみが分からないんですけど←

17
No title
ちょっΣ

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
『プロフィール』

Taguchi

Author:Taguchi
「横国生のブログ~無学三十六計~」に訪れて頂きましてありがとうございます。

Taguと申しまして、横浜国立大学に通っていて、経済や経営を勉強しています。横国は駅から遠いので通うのが大変です。横国について、何か質問がありましたら、メール下さい。勉強以外なら答えられます。

当ブログは「知的好奇心のインスパイア」

を目的として、ブログを書いております。



WordPress板はこちらMugaku36

tumblr→http://mugaku36.tumblr.com/

ご意見などはこちらまで↓
mugaku36@gmail.com



☆コメント大歓迎です☆

 当ブログはリンクフリーです。また相互リンクも大募集中です。相互リンク希望の方はメールかブログの記事にコメント下さい。

『My books』
詳しくはこちらをクリック→ ブクログ
『応援ありがとうございます!!』
人気ブログランキングへ にほんブログ村 経営ブログへ
『カレンダー』
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
『Twitter』
『あしあと』

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。