HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト英語  »  3D映画に対する反発
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エコノミストからの記事です。(意訳&適当訳ですので正確に知りたい方は元記事を見てください。エコノミストの単語をクリックすると元記事に飛びます。)

The backlash against 3-D
3D映画に対する反発


WHAT with the slump in DVD sales, the rise in piracy and the collapse of outside financing, Hollywood has not had much to cheer in the past couple of years. So one might expect a warm welcome for a technology that has consistently driven up revenues and profit margins. Not so. The backlash against the 3-D film is under way.
 
 DVD売上の不振、海賊版の横行、映画産業への外部資金の枯渇などで、ハリウッドは過去数年元気が無い。だから一部の人達は一貫して売上と利益を押し上げる新しい技術である3D技術を歓迎している。一方で、3D映画に反発している人達もいる。


A story in the New York Times usefully collects some film-makers’ and viewers’ complaints. They charge that 3-D movies are expensive to make and to watch. The cameras are hard to use. The films are dark. many of the complaints have been aired at Comic-Con, an annual geeks’ convention in San Diego that has become increasingly important as a marketing convention for Hollywood. If you cannot sell nerds on a new technology, what chance do you have?

 消費者と配給会社の不満を集めたニューヨーク・タイムズの記事がある。それによると、制作するにも、見るにも3D映画は高額になり、また、カメラの扱いは難しく、3D映画は暗いといった不満がある。多くの苦情はコミコン(ハリウッドで重要視されている漫画などの大衆文化に関するコンベンション)で起こった。新しい技術をオタクに売れなかった場合、その技術に見込はあるのだろうか?


The 3-D film experience is extremely difficult to obtain illegally. Following the release of “Avatar” late last year, 2-D copies of the film quickly appeared on file-sharing networks. Such free competition didn’t seem to hurt the film’s box-office sales at all. In part because of piracy, in part because people have so many other entertainment choices, Hollywood is moving towards a business model based on must-see spectaculars.

 しかし、3D映画には、違法コピーが難しいという利点がある。近年、海賊版の横行は映画産業の売上に大打撃を与えている。それを解決するのが3D映画なのだ。そのため、ハリウッドは海賊版対策や近年の娯楽の多様化のため3D映画に頼らざる負えない状況にある。


Certainly, some 3-D films will fail at the box office and on DVD. But so will a goodly number of 2-D films. The studios can cope: failure is hardly an uncommon experience in Hollywood. The 3-D rush will continue.

 たしかに、アバターなどの成功例ももちろんあるが、一部の3D映画は失敗している。しかし、2D映画でも多くの映画が失敗しているので、映画産業はこの問題に対処できるだろう。様々な問題点があるが、3D映画ブームはハリウッドで今後も続くだろう。




↓応援クリックお願いします

社会科学ランキング1位

人気ブログランキングへ

↓ご意見などはこちらまでお願いします。
mugaku36@gmail.com

↓更新情報がわかりますので、フォローお願いします。
Twitter:tagu13


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
表現の大切さ~書評14~
NEW Topics
「成功者だけが知る、8つの秘密!」
発展途上国における視力低下の問題
音波が創りだすアート―サイマティックス―
生活習慣の改善で遺伝子は良くなる?
使える数学を身につけよう
見方を変えれば世界が変わる?
グロバリーゼーションの影
グロバリーゼーションの光
ビジネス界でクリエイティブな人TOP10
マシュマロ・チャレンジ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
『プロフィール』

Taguchi

Author:Taguchi
「横国生のブログ~無学三十六計~」に訪れて頂きましてありがとうございます。

Taguと申しまして、横浜国立大学に通っていて、経済や経営を勉強しています。横国は駅から遠いので通うのが大変です。横国について、何か質問がありましたら、メール下さい。勉強以外なら答えられます。

当ブログは「知的好奇心のインスパイア」

を目的として、ブログを書いております。



WordPress板はこちらMugaku36

tumblr→http://mugaku36.tumblr.com/

ご意見などはこちらまで↓
mugaku36@gmail.com



☆コメント大歓迎です☆

 当ブログはリンクフリーです。また相互リンクも大募集中です。相互リンク希望の方はメールかブログの記事にコメント下さい。

『My books』
詳しくはこちらをクリック→ ブクログ
『応援ありがとうございます!!』
人気ブログランキングへ にほんブログ村 経営ブログへ
『カレンダー』
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
『Twitter』
『あしあと』

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。