FC2ブログ
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト書評  »  『生物と無生物のあいだ』~書評29~
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウイルス




「生命は 自分自身だけでは完結できないようにつくられているらしい

 花も めしべとおしべが揃っているだけでは

 不十分で 虫や風が訪れて

 めしべとおしべを仲立ちする

 生命はその中に欠如を抱き

 それを他者からみたしてもらうのだ」   by吉野弘

  



『生物と無生物のあいだ』
講談社現代新書 福岡伸一著




 著者は分子生物学者の福岡伸一さんです。

 「生命とは何か?」
それは自己複製を行うシステムである。これは、20世紀の生命科学が到達した一つの答えです。
しかし、それではウイルスが生物となってしまうので、そうではないと著者は述べます。

 著者は、「生命とは動的平衡である」と定義しています。「動的平衡」とは、生物を分子レベルでみれば、絶えず分子が入れ替わり、死ぬまである個体としての生物を形作り、その中でその個体を生かすために協働している秩序のある状態という意味です。

 本書は、ウイルス、DNA、細胞など分子生物学にまつわる話題を著者の経験や分子生物学の歴史をもとに叙情的に書かれています。一見、難解そうな本であるが、小説のようにスラスラ読めます。また、著者の研究者としての体験談も載っているので、科学者の生活を追体験できます。

 生命が躍動する夏に、本書を読んで生命の神秘を感じてみてはいかがでしょうか。

↓ブックマークお願いします!
Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 
Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 


↓応援クリックお願いします!

社会科学ランキング1位

人気ブログランキングへ

↓ご意見などはこちらまでお願いします。
mugaku36@gmail.com

↓更新情報がわかりますので、フォローお願いします。


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
『つみきのいえ』~書評30~
NEW Topics
「成功者だけが知る、8つの秘密!」
発展途上国における視力低下の問題
音波が創りだすアート―サイマティックス―
生活習慣の改善で遺伝子は良くなる?
使える数学を身につけよう
見方を変えれば世界が変わる?
グロバリーゼーションの影
グロバリーゼーションの光
ビジネス界でクリエイティブな人TOP10
マシュマロ・チャレンジ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
『プロフィール』

Taguchi

Author:Taguchi
「横国生のブログ~無学三十六計~」に訪れて頂きましてありがとうございます。

Taguと申しまして、横浜国立大学に通っていて、経済や経営を勉強しています。横国は駅から遠いので通うのが大変です。横国について、何か質問がありましたら、メール下さい。勉強以外なら答えられます。

当ブログは「知的好奇心のインスパイア」

を目的として、ブログを書いております。



WordPress板はこちらMugaku36

tumblr→http://mugaku36.tumblr.com/

ご意見などはこちらまで↓
mugaku36@gmail.com



☆コメント大歓迎です☆

 当ブログはリンクフリーです。また相互リンクも大募集中です。相互リンク希望の方はメールかブログの記事にコメント下さい。

『My books』
詳しくはこちらをクリック→ ブクログ
『応援ありがとうございます!!』
人気ブログランキングへ にほんブログ村 経営ブログへ
『カレンダー』
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
『Twitter』
『あしあと』

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。